ダイエットをすると筋肉が落ちるワケ。

2018年11月11日

皆さんも一度は経験したことがあるであろう【ダイエット】
そして恐らく、この経験もついてきたであろう【リバウンド】笑

リバウンドの原因は筋肉が落ちるから!
だと今では誰もが知っている事実。

ですが、なぜダイエットをすると筋肉が落ちてしまうのか??
今日はそんななぜ?にお答えします^ ^


ダイエットといえば食事制限!!
食事を減らさずしてダイエットはありえませんよね♪

ですが、食事の摂取カロリーを減らすと
血液の中にあるブドウ糖が不足します。

すると肝臓は飢餓状態だ!と察知。
急いで今まで蓄えていたグリコーゲンや筋肉など
体内にあるタンパク質(アミノ酸)を分解して
ブドウ糖にし、血液へ送り出します。

この働きを「糖新生」といいます。
私の中では「レバー911(肝臓の110番)」と呼んでます笑


この「糖新生」と「筋肉の合成」は体内で同時に起こっていますが

食事制限中、低カロリーな食事ばかりを選びタンパク質が足りていないと
体内にあるタンパク質は「筋肉の合成」よりも「糖新生」に使われてしまいます。
飢餓状態だと勘違い中の肝臓が絶賛レスキューに燃えてますので♡


結果、ダイエット中に筋肉量が落ちてしまう。
⬇︎
でも筋肉が落ちると体重は減るので痩せたと勘違いする。
⬇︎
以前よりも筋肉量が減って基礎代謝量が落ちているので
ダイエット前よりも脂肪がつきやすい体になっている。
⬇︎
にもかかわらず体重は落ちている(または挫折する)ので
元の食事量に戻っていく。
⬇︎
以前より代謝の悪い体なので一瞬で元どおり!
⬇︎
しかも、ダイエット前の脂肪は落ちていない状態なので
リバウンド体重量以上に見た目が大きくなります!

※写真にあるように、筋肉と脂肪は
同じ重さでも見た目の大きさが全然違います!

つまりダイエットをして体重(筋肉)2kgが落ちても
そこまで大きさに変化はないのに
リバウンドで体重(脂肪)2kg増えたら
写真分の大きさで増えてしまうから!(◎_◎;)


口すっぱく体重ではなく体脂肪を減らしましょう♪とは
まさにそうゆうことなんですね!
仮に脂肪1kg落とせただけでもかなりスッキリするんです♡


つまり、
リバウンドなくダイエットを成功させるには
筋肉の合成も続けていく(筋肉量を減らさない)ことが大前提!


食事制限中に危険を察知(勘違い)してレスキューしまくる肝臓が
あなたを必死に飢餓から救おうと糖新生を行う時に
飢餓じゃないよ〜と肝臓にお伝えしてあげられたらお互いにありがたいのだけど
さすがにそれはできないので笑

あなたにできることはただ一つ!!
肝臓が一番求めている《タンパク質》も食事で摂ってあげること♬

そうすれば、必死に飢餓から救おうとしている肝臓は
そのタンパク質を使用して心置きなく糖新生(レスキュー)してくれるので
いつも通り筋肉の合成も行われる!ということ!!


ということで皆さん。。。
ダイエット中こそ【タンパク質】の摂取を何よりも心掛けましょう\(^o^)/



最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
次回は「ダイエット中の正しいタンパク質摂取法」についてお伝えします♡

明日もどうぞお付き合いくださいませ♡





私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいねヽ(^o^)

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

 

 

 

確実に痩せたいなら運動よりも〇〇!!!

2018年11月9日

ここまでカラダ基礎知識について学んできましたが
皆さん楽しんで学んでいただけていますでしょうか??


今日はちょっと息抜きに...
きっと役立つ!【ダイエット豆知識】をご紹介していこうと思います♬

タイトルにもありました通り
今日は「確実に痩せたいなら運動よりも。。。」

まぁ今日までこのブログにお付き合い頂いている方からしたら
簡単すぎて画面を閉じられそうなくらいですが( ̄▽ ̄;)


そうですね!!確実に痩せたいのであれば。。
運動よりも食事です!!


それはなぜなのかを今から説明していきます♬

まず、痩せる=脂肪を落とす でしたね。
注)あくまでも脂肪です。体重ではありません!!

脂肪を1kg落とす時に必要なカロリー消費ってどれくらいかご存知ですか?

この方が持っているこの大きな白い塊こそ、脂肪1kgの模型です!めっちゃデカイ〜3kg太った場合はこの塊3個分増えたってこと∑(゚Д゚)

なんと 脂肪1kg=7200kcal 程度のカロリー消費が必要です。

 

その量はなんと!
フルマラソン3〜4回分以上!!!

例えるならば、金沢マラソンに4回ほど参加する。
それも年ペースでなく連続4日間(笑)
するとようやく4日目の完走後に初めて脂肪1kg分が燃焼されるということ(o_o)
私なら1回すら無理ですけど^^;

なんと気の遠くなる話なんでしょうか(T_T)

もう少し具体的な数字だと、
フルマラソンを2時間以上走りっぱなしで300kcalの消費です。

皆さんも一度はジムや路上で走られた方も多いのではないでしょうか?

さすがに2時間走りっぱなしの方っていないと思うのですが
それでもなんとか完走できたとして、
その2時間で消費できるのが300kcal。

これを食品で例えるならば
アイス1カップ・プリン1カップ・缶ビール350ml×2缶。
ってとこです。。。

つまり2時間死ぬ気で走り続けた運動後に
たった10分のおやつ(晩酌)タイムでプラマイ0ってこと((((;゚Д゚)))))))


そうなんです。
運動でダイエットをしたい場合、
運動後は食事をゼロにしなければ効果はないということなんです!!

しかも、これは共感してくださる方も多いと思うのですが...
【運動した時の方が結果、食事量が増えている説】
って勝手に私が唱えてるだけですが笑

 

「いい汗流した〜消費できた〜お腹すいたな〜運動したから多少食べても大丈夫だよね??その分運動してるんだし!」
ってこれ私の決まり文句でした( ^∀^)

そら結果出ないし辛いだけだし続かなくて(なんなら少しサイズアップして)終わっていくという。。。


ということで運動で脂肪を落としていくのって本当に至難の技なんです!
例えそれが水泳だろうと乗馬だろうとサッカーだろうと大差ありません。。。
もちろん選手並みの練習量になれば変わりますけどね♪


では食事の場合はどうでしょうか??

1日3食摂っていると仮定して1ヶ月で90食。
毎食ごとに最後の一口(約80kcal)減らしてみたら。。。?

1ヶ月で7200kcal減!
つまり脂肪1kg分を消費できた‼︎ということにΣ੧(❛□❛✿)

 

これには私も衝撃でした!!
たった一口、最後に食べようかな。。と迷ったその一口を止めるだけで
何の運動もしていなくても、1ヶ月後には脂肪が1kg落ちてくれるんです♡1日3食の場合です。その他おやつタイムとかは含まれませんので要注意!笑

それを1年続けてみてください。。。
そうです!!それだけで脂肪12kg減((((;゚Д゚)))))))
もはや痩せ子であります☆


どうですか??
いかに運動を頑張るよりも食事に気を付けたほうが効率的だということが
わかっていただけたのではないでしょうか?

もちろん運動にはそれ以外にも沢山の効果がありますし、
これはあくまでも脂肪を落とす(痩せる)方法としては効果的ではないという意味です。

運動後に何も食べず過ごせる方にはきっと数ヶ月後には変化が出てくるはずですし
継続に勝るダイエット方法はありませんからね♪

 

といういことで今夜はここまで!!

もしこのブログをお読みの皆さんが私の様なズボラ、
かつ自分に甘くすぐにご褒美をあげちゃうタイプなのだとしたら笑
是非明日からは【最後の一口をひっそりとやめてみる作戦】を始めてみてください!

それだけで徐々に満腹を感じるポイントが早くなっていき気づけば少食になれている♡
なんてことも大いに起こり得ますので(^_-)



最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡





そもそも私にとっての適切量って??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいねヽ(^o^)

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

 

 

 

ダイエット成功への近道その1 【栄養素の性質を知る】

2018年11月8日

今夜もどんどんカラダの基礎をおさらいしていきましょう♪


さてさて、前回は

『○○だけダイエット』について。

糖質制限やスムージーダイエットなど、
1ルールの〇〇だけに限定するとなぜリバウンドしやすくなるのか?
その理由について詳しく説明させて頂きました。
まだお読み頂いていない方はぜひ昨日の記事→リバウンドが起こる原因その2【○○だけダイエット法】からご覧ください。


そしてもちろんこの答えも??
栄養バランスが極端に偏るから!でしたね。


いやはや何をするにも栄養バランスとは。。。

困ったな〜やる気でないな〜( ̄▽ ̄;)
って方も多いかと思います。

ご安心ください♡  私もそう思うから!笑



でもよくよく考えてみてください!!

「痩せ体質に必須なこと」は
『6大栄養素をバランスよく適量で適切なタイミングに摂る』
ということでしたよね??

つまりは栄養素知らずして痩せられない(体脂肪が落ちない)ということ!

なのはもちろん大前提なのですが、

栄養素を知っていただく理由として実はもう一つ重大なことがありまして...

この栄養素たち、私たち人間と同じように個性というか特徴があるんです。

例えるならば
・この子とは仲良しになれるけど、あの子は嫌い。とか
・夜にならないと元気が出ない。とか
・これくらいの量があつまらないと自信がでない。とか
本当、人間みたいなこと言うんです笑

つまり何が言いたいかというと
栄養素といっても個性や役割はバラバラで
彼らにも適材適所。というものがある!ということ。

例えば私たちにも馴染みのある「ビタミン」ですが
ビタミンだけでも全部で13種類あります。

その中でも水に溶けやすい水溶性のものと
溶けにくい脂溶性の2タイプにわけられます。

水溶性のものは体内に蓄積されずに排泄されてしまうので
毎食で一定量とる必要がある。ということに比べて
脂溶性のものは肝臓に蓄積されるので
摂りすぎると頭痛や吐き気などの過剰症を起こすこともある。
つまり何も知らずにサプリなどで対象摂取していると危険なんです‼︎


。。。ね??


これを聞いて、12種類のビタミンの内
どれが水溶性でどれが脂溶性なのか説明できる人の方が少ないと思うんです!

でも過剰な情報番組やサプリのCM、通販番組なんかを見て
ビタミンが大事!ってなってその情報を鵜呑みにして
例えば一生懸命ビタミンCだけを摂取している人がいたら??
それでは他11種類はとれていないということですよね(>_<)

つまり、代謝を助けてくれるB6や
タンパク質をつくってくれるビタミンKなども全く補えていないということ(*_*)

結果、6大栄養素のバランスは??

必須ビタミンが残り11種類不足ということで残念ながら⭕️にはなりません。

よって痩せ体質にはなれません(T_T)
ま、ここでもやっぱり〇〇だけっていう昨日のブログみないな結果がでてくるのですが。
やっぱり何かコレだけ!って痩せないね笑

さすがにこのブログであなたの適量は各栄養素これだけです!
とはお伝えできませんが
(その方の食事内容や体内バランスによっても違うので一概に言えないんです)

さきほどのビタミンの様に
各栄養素の役割。平均摂取目安量。それらが何にどう働いているのか。
痩せたい時はどのように摂取するのが効果的か。
などはもう少し細かくお伝えすることができます♡

それを知っていないと良かれと思って続けていたことが水の泡!
という可能性大((((;゚Д゚)))))))


お時間のある時で構いません!!
あなたのカラダを綺麗に保つために欠かすことができない栄養素について
ぜひ一緒に学んでいただければと思います!

だって、栄養バランスについて熟知する
                      ⬇︎                             
ダイエット成功へ一歩近づくのですから
(^o^)/


ということで。。。

6大栄養素の働き(効果的な摂取方法)を正しく知ることこそが
ダイエット成功までの近道なのだ!と踏まえたところで

今日はここまで!

ぜひ今夜は
『やっぱり○○だけ。って何においてもダメなんだ!
昨日も誓ったつもりだったけどさっそく今朝のチラシや健康CMに食いついてたぞ私!!
もう2度と、商品を宣伝するために作られている誇大広告や○○ダイエット系には乗せられないんだぞ!!』
と固く固〜く胸に誓ってからお休みくださいませ♬笑


最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡





そもそも私にとっての適切量って??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいねヽ(^o^)

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

 

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Top