女性の強い味方【ビタミンB6】

2018年11月27日

【働き】
ビタミンB6は、補酵素(酵素の働きを助ける成分)として多くのアミノ酸の代謝を助けています。免疫機能の正常な働きの維持、皮膚の抵抗力の増進、赤血球のヘモグロビンの合成、神経伝達物質の合成などの生理作用もあり、脂質の代謝にも関与しています。


【不足すると?】
ビタミンB6の欠乏症は単独で起こることは少なく、ほかのビタミン不足と関連して起こることが多いです。
ビタミンB6が不足すると目、鼻、口、耳の周囲に湿疹を起こしたり貧血になります。
神経系に異常が起こることもあります。
また、食事などで摂取したタンパク質は分解と合成を常に繰り返していますが
ビタミンB6はこの働きを促す性質があるため、ビタミンB6が不足すると筋肉の量が徐々に減少してしまいます。
また、女性の場合は妊娠中にビタミンB6が不足するとつわりが酷くなったり、月経前のPMSを増減させてしまう恐れがあります。




【上手なとりかた】
ビタミンB6を多く含む食品は、魚介類、肉類など動物性食品に多く含まれています。
特にマグロ(赤身)やカツオに多くよい供給源となりますが冷凍食品や加工食品は目減りしてしまうので鮮度の良い魚や肉での摂取をオススメします!

※1日の摂取量に上限があります!
日本では45〜60mg。海外基準だと100mgです。
とはいえ一番多く含んでいるカツオ1切れ(100g)ですら摂取量は0.76mgなので、よほどサプリを乱用しない限りは大丈夫です。



【まとめ】
ビタミンB6は脂質の代謝をサポートしてくれるだけでなく、アミノ酸の代謝を正常にしてくれるのでタンパク質の合成をサポートします。つまり、筋肉をつけやすくしてくれるということ!!
また、ホルモンの働きもサポートしてくれるので生理不順な方や生理前のイライラ、妊娠中のつわりを軽減してくれるという、、、女性やダイエッターにとってなんともありがたいビタミンなんです!!
女性はもちろん、痩せたい方や筋肉を付けたい方は是非意識して摂取してくださいね♡

※ピルを飲んでいる方はビタミンB6が不足することがあるのでより意識して摂取してください。





ということで今日はここまで!!

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB1はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アメブロ

Top