正しいダイエット法【高タンパク質低脂質】

2018年11月12日

今夜も正しいダイエット法について学んでいきましょう♪

昨日もお伝えした通り、リバウンドが起こる原因とは

「肝臓があなたの食事制限を飢餓状態だと勘違いし、本来であれば筋肉の合成に使われるはずのタンパク質を使用して糖新生しまうお陰で筋肉が作られない日が続き、その結果、筋肉量が落ちてしまう。」ということでしたね!!
これを「レバー911の悲劇」と言います。ってもっと覚えやすいネーミング募集中。笑

だからダイエット中に筋肉量を減らさないためにも
より多くのタンパク質を摂取する必要があるんでしたね♬

ということで今夜はダイエット中にオススメのタンパク質を摂取法についてお伝えしていきます!!

タンパク質が肉類に豊富なのは皆さんもご存知だと思います!
主にこんな感じです⬇︎

  • 肉:牛肉、豚肉、鶏肉 など
  • 魚:サバ、サケ、サンマ、ウナギ など
  • 卵:鶏卵、うずらの卵 など
  • 大豆製品:大豆、納豆、豆腐、おから など
  • 乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズ など

上記のような食品はたくさん食べるともちろんタンパク質はバッチリなのですが
その分高カロリー・高脂肪にもなってしまうのでそもそもダイエットになりません
お肉ばかりだと中性脂肪やコレステロールも増えちゃいますしね(⌒-⌒; )


ということでダイエット中は
高タンパクだけど低脂肪な食品を選び
油や調味料をなるべく使用しないヘルシーな調理法で食べてもらうのが一番!


低脂肪食は食事の満足感があまり落ちないという点も魅力的!!

ごはん(炭水化物)やおかず(たんぱく質)を減らしてしまうと
食事のボリューム自体が少なくなり、
筋肉量が減る代わりにストレスは大きくなります(*_*)

しかもおかずを減らすという事はビタミンなどの栄養素も減り、
散々ここでお伝えしている6大栄養素の⭕️がいびつになってしまうので
ますます痩せ体質からは遠くなってしまいます(T ^ T)

これに対して低脂肪食は、
食事量を減らさずに脂質の摂取量を控えることもでき
さらに食事の満足感も保ちながらタンパク質をとることができる。
というダイエット生活においてこの上なく有難い食事なんです♬


ちなみに、炭水化物やたんぱく質は1gあたり4kcalなのに対し
脂質は1gあたり9kcalとカロリーが高いという点も!!
1日に摂取しているカロリーのうちの約20~30%は脂質からとっているカロリー
だと言われていることからも、脂質を見直す事はダイエットにおいて欠かせないということがおわかり頂けるかと思います!!


もちろんダイエットだけでなく、美容や健康にも欠かせない低脂肪食!
ネットで「高タンパク質  低脂肪  レシピ」と調べると
たーくさん出てくるので是非1度探してみてくださいね\(^o^)/


ただし、【高タンパク質&低脂質】を取り組む上で2つだけ注意してほしいことがあります!!

それは
1)「見える油」と「見えない油」
この2つの油の質に注意するということ。

そして
2)高タンパク質の種類を知り上手く組み合わせること。


この2つがとっても大事♬


これについてはまた次回、詳しく説明していきますね!!


ということで今日はここまで!

あなたは今日の食事でタンパク質が摂取できましたか??
それはどんな調理法のどんな食材からだったでしょう?
今一度思い出してみてくださいね!

それがカラダにとって効果的だったかどうか、、、
は明日のお楽しみ〜♬


最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡



私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
タンパク質はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいねヽ(^o^)

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

 

 

 

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アメブロ

Top