禁煙したいならタバコを知ることから!煙が体内に入ると?あ

2019年1月21日

こんばんは!

タバコ税が加速する昨今。喫煙者が生きづらい世の中になってきましたね。
実はこう見えて!?若かりし頃の私も喫煙者の1人。

たまたま4年ほど前に禁煙が成功していたので今ではタバコとは無縁な環境ですが
それでも辞めるまではなんども挫折を経験していたので、簡単に辞めた方がいいよ!とは正直言えない私です。

でも、辞めて良かったと心の底から思いますし、
タバコの正体を知った今では煙を吸うのも嫌になりました!

だって体に良いと思って行う行動や選ぶ食品なんかも(大げさでもなんでもなく)全てが一瞬で台無しになるから。
ビタミンC飲んだって間に合わないですもん!!


この記事は、喫煙されている方にこそ見ていただきたくて書いているのですが
もちろんタバコは個人の自由!!
別に辞めなくていいですし、禁煙を勧めているわけでもありません。
私の家族だったら鬼のように怒りますが笑 でも父だけは辞めない…怒

ただ、今その煙があなたやあなたの大切な人の体にどんな影響を及ぼしているのかだけは知っていて欲しいです。


大半の人って
・化粧水やお弁当の中身には興味を持つのにタバコの中身については調べない。
・車の性能については知りたがるのにタバコの中身については無頓着。
・サプリメントは頑なに嫌がるのにタバコの煙は嫌がらない。

なぜなのでしょう?
真実から目を背けたいのかな??笑


でも実は、
どんなに粗末な化粧水や食材よりも
どんなにポンコツな車に乗るよりも
どんなに粗悪なサプリメントを摂るよりも
タバコの煙を体内に入れる方がよっぽど体に悪いです!!

とはいえ何がどう悪いのかがわからないと納得できないと思うので
今日はタバコの煙が体内に入るとどうなるのか?
についてお伝えしていこうと思います!

「肺に入れてないから大丈夫」という方や
「電子タバコだから大丈夫」という方も稀にいらっしゃいますが
そもそもタバコの煙を吸う時点でOUTです。

また、電子タバコも水蒸気のもの以外はニコチン入りの製品が多く(有名なアイコスなど)通常の紙巻きタバコと違い、発生する有害物質(煙)が見えにくいので周囲の人々は受動喫煙を避けられずかえって危険。との声もでているほど。
詳しくは→日本禁煙学会 の見解をご覧ください。

 


つまり、
喫煙者の方も非喫煙者の方も煙を吸えば同じこと!

ということでまずは知ることから!是非最後までお読みください♪


《タバコの害とは?》

タバコの煙には有害物質が含まれています。
主に以下の3つ!
その有害物質が体内に入るとどうなるのか?
ここで詳しく説明していきます。

①ニコチン
タバコといえばニコチン!と思い出せるほど有名ですが、ニコチンは立派な有害物質。笑
そんなニコチン。大半は肺から肺胞に入ります。
残りは口腔の粘膜や唾液に溶けて胃の粘膜などから吸収→血液中に入り各臓器に運ばれていきます。

ニコチンは吸収がとても速く、喫煙直後から血中に現れて各臓器に運ばれると言われており、「肺から脳までは8秒で到達する」と言われています。

吸収されたニコチンは主に肝臓で(一部は肺と腎臓)代謝され主に※1コチニンとなり腎臓から排出されます。
血中のニコチン半減期は約2〜3時間ですがコチニンの場合は約30時間以上と長く、尿中のコチニンは喫煙後(受動喫煙も含む)数日間認められます。

非喫煙者でもタバコの煙を吸うとコチニンの濃度が上がるので、受動喫煙の量の測定の指標となります。

※コチニン・レベルを縮小するただ一つの方法は、タバコの煙にさらされている状態を止めるか喫煙を減らすことです。

※喫煙によって吸収されるニコチン量は1本で2〜3mgです。人の場合、経口致死量は50〜60mgと言われており一気にタバコを20本吸うと致死量に至ります。

※1 コチニンとは・・・タバコの煙に含まれるニコチンが体内で分解されてできる物質。尿とともに排出される。

 



②一酸化炭素
火事になったときなどによく聞く一酸化炭素中毒。
なんとタバコの煙を吸う=一酸化炭素を吸い込んでいたということ((((;゚Д゚)))))))

一酸化炭素が体内に入ると赤血球中のヘモグロビンと結合し※2一酸化炭素ヘモグロビンとして血中に存在し全身に運ばれ、また肺から排出されます。
通常肺から吸い込まれた酸素はヘモグロビンと結びつき赤血球によって全身に運ばれますが、一酸化炭素は酸素に比べ200倍以上もヘモグロビンと結合しやすいため、
一酸化炭素があるとヘモグロビンと酸素の結合が妨げられ、赤血球の酸素運搬能力が低下し一種の酸欠状態となります。
つまり体内では一酸化炭素中毒と同じ状態になっている。ということ!!


※2 一酸化炭素ヘモグロビンの半減期は3〜4時間。つまり軽い一酸化炭素中毒の状態が3〜4時間消えないという意味です。

 



③シアン化水素
シアン化合物は酸化酸素の働きを阻害し組織呼吸に障害をもたらすと言われています。
タバコの煙から吸収されたシアン化水素の一部はそのまま肺から排出されますが大部分は肝臓で毒性の弱いチオシアンとなり、一部は活性型ビタミンB12のハイドロオキシコバラミンと結合しシアノコバラミンとなります。
 ↓
B12が不足することで。。。
有髄神経に栄養障害をきたし「弱視」になりやすくなったり
脳が正常に機能しなくなるため、認知症になりやすくもなります。

 

 

いかがでしたか?
これら3つがタバコの煙に含まれる主な有害物質です。
ニコチンや一酸化炭素などその言葉自体は聞いたことがあると思いますが
それらが体内に入ってどんな動きをしながら体外へ排泄されるのか。までは曖昧だった方も多いのではないでしょうか?

しかも有害物質1つだけでも大ごとなのに3つもいっぺんに(*_*)
更に残念なことに、これらは体内滞在期間がとっても長いので、
一度吸い込むと体内を正常な状態に戻すまでに時間がかかってしまうという点もご理解いただけたかと思います。
憎まれっ子世にはばかる!的なイメージですね笑



  《まとめ》

Q:タバコの煙を吸うとどうなるの?

           
A:有害物質(ニコチン・一酸化炭素・シアン化水素)を体内に吸収している。ということ!


Q : 吸収された後は?

A : 有害物質は血液の流れに乗り各臓器に運ばれ全身を巡ったのち
生きていく上で必要不可欠なヘモグロビンやB12を犠牲にしながら肝臓など各臓器で代謝され尿によって排泄されている。ということ!



 

いかがでしたでしょうか?

喫煙(受動喫煙)後にまさか一酸化炭素中毒状態になるだなんて(T ^ T)
そもそも、タバコを一気に20本吸うと致死量になるくらいの危険物なのに
その1/20の致死量を毎時間のように吸引しているだなんて。。。
これは大げさでもなんでもなく、百害あって一利なしどころかただの自殺行為です。

でもそれは個人の自由。
ましてや立派な大人たちの選択なのでとやかく言う権利はありません。

ですが、無意識に受動喫煙してしまう子供や不可抗力な人たちがいるような場所ではどうか我慢してあげて欲しいですね。

よって、駅前の喫煙所は空港内の喫煙スペース同様に個室にしておくれ!!
と願わずにはいられない私です。


長くなりましたがまだまだ書ききれなかったので次回に続きます笑


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

 

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アメブロ

Top