百害あって一利なし!【有害ミネラル】

2018年12月25日

以前、六大栄養素の1つでもある【ミネラル】についてお話しさせて頂きましたが
今日は同じミネラルでも体に有害なミネラルについてお話しします!!

知っていなくても問題はないけれど、
知っているとより正確なダイエットができるはず!!

それが一番の近道だと思うので今夜もどうぞお付き合いくださいませ♡


有害ミネラルが体内に取り込まれ体の中に蓄積されると、
私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。

そもそも有害ミネラルとは、ヒ素や水銀、鉛やカドミウム、アルミニウムなどの、いわゆる有害金属(ミネラル)のことです。

土や海水に含まれていて、そこで育つ魚や肉、野菜などの食品だったり
アルミニウム鍋の使用や、アルミ缶の飲料水を飲むことによっても体内に摂取されてしまいます。
こうして少しずつ私たちの体の中に入り、やがてさまざまな不調を招くことになります。
つまり有害ミネラルは、日常生活の中で普通に取り込まれてしまいます!


本来、私たちの体には「解毒」機能が備わっているので、体内に入っても便や尿・毛髪や爪などによって排出されますが、それらに働くはずの必須ミネラル(良いミネラル)の摂取が少なくなってしまうとうまく排出できず体内に蓄積されます。

有害ミネラルは体内で活性酸素を増やしたり、臓器に貯まり障害を起こすもとにもなります。
まさに、「百害あって一利なし」のミネラルです(°_°)

 


有害ミネラルが溜まっていると。。。?

《痩せにくい》
毒素が溜まると脂肪分解酵素へパーぜの働きが低下し、脂肪を燃焼させる効率が悪くなって痩せにくい体になります。

《疲れやすい》
疲労物質である乳酸を分解する酵素の働きが低下し、疲れがなかなか取れない体になり乳酸値が高いままになります。

《吸収が悪い》
栄養素を分解する酵素の働きが低下し、どんなに高品質なサプリメントや基礎化粧品を使っても体に吸収されず、効果が実感できなかったり肌荒れなどの原因になります。


思い当たる節がある方は要注意!!
それこそが今あなたの体内に蓄積されている有害物質の量かも!(◎_◎;)



つまり体内に有害物質が蓄積したままでは、どんなに体に有効なものを摂ってもダイエットをしてもプラス・マイナスゼロ。。というよりもむしろマイナスに働いてしまうことに!!!

とにもかくにもまずはしっかり体内の有害ミネラルを排出(解毒)することが最優先!!
そこではじめて有益な物質が十分に吸収され、効果を発揮することができるのです☆



はじめにもお伝えした通り、有害ミネラルを体から排出するには、必須ミネラルの摂取が必要不可欠です!!

必須ミネラルについては過去ブログからどうぞ→六大栄養素を正しく知ろう【必須ミネラル】


ということで今日はここまで!!

腸内環境の時も悪玉菌と善玉菌の関係について沢山お話ししてきましたが、ミネラルにも有害なものと有益なものがあったんですね!

そしてこれも腸内環境と同じように有害ミネラルを撃退するには必須ミネラルでしかないという( ̄▽ ̄;)
そう思うと体って単純なんですけどね。。

明日からは有害ミネラル撃退に特に必要な必須ミネラルについてお伝えしていきます^^




最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

悪玉菌が増える原因

2018年12月24日

健康を語る上で、腸内環境は外せません!

先日から数回にわたって
健康を制するといっても過言ではない腸内環境についてお伝えしていますd(^_^o)

詳しくは過去ブログも合わせてお読みください♬


前回もお伝えした通り、

全体の約7割を占める日和見菌を味方につけることこそ
善玉菌が優位となり悪玉菌が減る=腸内環境が整うでしたね!!


善玉菌ブームを巻きおこす為にも黙っておいてもらいたい悪玉菌たち。
そもそも悪玉菌が増えてしまうのはどんな時なのか?

今日はそんな悪玉菌についてお伝えしていきます!


悪玉菌は大腸と直腸に生息し、腸内に腐敗物を溜め込みます。
有毒物質を発生させ、善玉菌の働きを抑制します。
腸内環境が悪化することによって、便秘や下痢が起こり、悪玉菌は身体全体の免疫力を低下させ、風邪や胃腸炎への感染率を高めたり有毒物質から発がん性物質を作り出すこともできます。

人の腸において生息できる腸内細菌の量には制限があるので、悪玉菌が増えれば善玉菌が自然と減少し、悪玉菌優勢の腸内環境になります。


悪玉菌が活性化する(増える)のは
・加齢
・過剰な糖質
・過剰な脂肪
・繊維不足
・アルコール
・加工食品
・ストレス
・不規則な生活
・運動不足
・便秘
・薬の副作用

などが挙げられます。
今日は特に当てはまりやすい3つを詳しくご説明していきます!

【加齢】
生まれたての赤ちゃんの腸は、99%以上が善玉菌に占められています。
しかし、生後3日目から善玉菌量が徐々に減少していくことになります(°_°)
その後、加齢による免疫機能の低下や摂取する食品の影響を受けて悪玉菌が増えていきます。


【過剰な糖質・脂肪・繊維不足】
消化の悪い肉類は腸で腐敗便となり、悪玉菌の餌となります。悪玉菌は肉類のタンパク質やアミノ酸を餌に生育し、有毒物質を放出します。また、食物繊維が少ない食事も悪玉菌を増殖させます。食物繊維は腸内の腐敗物を吸収し、善玉菌の働きを高めます。よって、食物繊維を摂取しなければ善玉菌を増やすことが難しく、悪玉菌優勢の腸内環境が形成されてしまいます。
 

【ストレス】
ストレスを溜め込むと自律神経に影響が及びます。すると胃酸の分泌が抑制され、胃は従来の働きができなくなり消化不良を起こします。その結果、腸に腐敗物が蓄積され、悪玉菌の増殖を促してしまいます。精神面の健康は腸内の健康にも繋がります。





加齢によって悪玉菌が増え、バランスの悪い(欧米化された)食生活で悪玉菌が育ちストレスによって腸自体の元気がなくなる。。。という

つまり現代人の生活はそもそもが悪玉菌が育ちやすい環境なのだということがこれでわかっていただけたかと思います( ̄▽ ̄;)


ということで今日はここまで!

善玉菌ブームを起こす為に、昨日の記事でもお伝えした3つの(栄養素)アイテムを取り入れることは必要不可欠ですが
それと同時に悪玉菌自体が活性化されないような生活を心がけることが何よりも大事♬


ストレス感じてるな〜と思ったらまずは深呼吸!!
悪玉菌が活性化する前に気分転換をこころがけたいですね♡
もしくはスタークラス&メンズクラスにて心身共にデトックスしていただくのもオススメですよ((o(^∇^)o))


最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

腸内環境を整えるには?

2018年12月23日

健康を語る上で、腸内環境は外せません!

先日から数回にわたって
健康を制するといっても過言ではない腸内環境についてお伝えしていますd(^_^o)

詳しくは過去ブログも合わせてお読みください♬


前回もお伝えした通り、

腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられ、通常約7割もいる日和見菌を味方につけられるかどうかが腸内環境を綺麗に保つ鍵となるのでしたね!!



善玉菌と悪玉菌、その時に優勢な方の味方につくというなんともミーハーかつ憎めない日和見菌。

そんなミーハーな彼らを味方につけることこそ
善玉菌優位となり悪玉菌が減る=腸内環境が整う
でしたね!!



ということで今日はそんな善玉菌ブームを巻きおこす上で必要なことをお伝えしていきます♬

善玉菌ブームを起こす為には、とにかく腸内で善玉菌が活性化するような栄養素を入れてあげればいいということo(^▽^)o

そもそも善玉菌(プロバイオティクス)とはヒトの体によい影響を与える生きた微生物(生菌)のこと。
ヨーグルトなどに含まれる生きた善玉菌や、植物由来(醸造乳酸菌)の乳酸菌から作られたぬか漬け、味噌、キムチ、納豆菌から作られる納豆などの発酵食品が該当します。
(主にビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌などの生きた菌を含んだ食品を指します。)

これらプロバイオティクスを摂取することにより、腸内に善玉菌を増やしていききます。


そして善玉菌の餌になる食品成分(プレバイオティクス)は善玉菌を増やして腸内環境を整えるもので、オリゴ糖や食物繊維・カテキンが該当します。
オリゴ糖は、タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、キャベツ、トウモロコシ、ネギや、大豆などの豆類、ハチミツ、バナナや牛乳などに含まれる成分なのですが、そもそも食品に含まれるオリゴ糖は少量です。
また、善玉菌の栄養源となる食物繊維は、穀物、芋類、豆類や、海藻、キノコ、コンニャク、ゴボウやニンジンなどの根菜が挙げられます。



そしてここからが大事!!

いくら日頃から善玉菌であるヨーグルトや発酵食品を摂取していたとしても、その餌となるオリゴ糖や食物繊維がなければ腸内で善玉菌は活性化されず、善玉菌ブームは作れないということ(°_°)

逆のパターンもあります。
いくら日頃から食物繊維などを意識して摂取していたとしても、肝心の善玉菌(ヨーグルトや発酵食品)が腸内にいなければこちらも善玉菌ブームは起きません。
そもそも善玉菌不在ですしね笑


これには私も衝撃でした!!でも過去に便秘対策としてヨーグルトを毎日食べていたことがあったのですが一向に改善されなかったのは、餌となる食物繊維やオリゴ糖が足りていなかったからなのだと納得。



更にお伝えするならば、①プロバイオティクスと②プレバイオティクスだけでなく
腸内で栄養素の代謝・排泄を手助けしてくれるビタミン・ミネラル・アミノ酸を同時摂取してあげることでより一層、善玉菌ブームを起こしやすくなるのです♡




いかがでしたか??
きっと皆さんも腸内環境を整える対策としてヨーグルトや発酵食品を摂取したり食物繊維に意識を向けたこともあるかと思います。

ただ、そのどちらか一方だけでは効果は薄くペット(善玉菌)とペット用の餌(食物繊維など)を同時に摂って始めて元気な善玉菌が作れるということ。
そして普段から腸内環境が乱れがちな方や年々老化してしまう腸内対策としても、ビタミン・ミネラル・アミノ酸を摂ることは善玉菌優位の為には必須!とも言えます。



善玉菌は食品から摂取しやすいのですが、餌となる食物繊維やオリゴ糖は食品からは摂取しずらいのが現実´д` ;
こちらもうまくサプリメントを代用していただくのが有効かと思われます!!

ということで今日はここまで!

明日は、善玉菌ブームを引き起こす為にも大人しくしておいてもらいたい悪玉菌について説明していきます。

最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アメブロ

Top