予防医学の真実・・・動物性タンパク質の罠とは?

2020年8月24日

皆さんご無沙汰しております!サロンオーナーのSAYURIです。
8月1日、人生初の伊勢に行ってきました♪
その時の様子はアメブロにて→人生初!伊勢神宮でお朔日参りしてきました!!


以前こちらでもご案内した通り、
コロナ自粛きっかけにスタートしたYouTube。

伊勢パワーのお陰なのか、
有難いことに最近は動画を見てご来店してくださるお客様や
星組道場へ問い合わせてくださる生徒さんが増えていて
とっても嬉しい日々を送っております。


YouTubeを始めた際に動画を通じて何よりも伝えていきたかったのが
『予防医学』について。

にも関わらず、実際に動画内でお話しできていなかったのが現実・・・

それはなぜか!?

 

実は「予防医学で学んだ内容に疑問が沢山でてきてしまっていたから」なんです。

 

そもそも予防医学とはなんでしょうか??

Wikipediaでは以下の通り書かれています。

予防医学(よぼういがく、英語: preventive medicine)とは、
健康障害の予防及び健康異常の進展の防止のすべての段階を含む医学。
病気になりにくい心身の健康増進を図るための学問で、狭義には、「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し、健康を維持する」という考え方に基づく医学をいう

つまり、病気になる前に予防しておきましょう!という話です。


これはSTAR CLASS/MEN’S CLASSの想いと同じ。

未病(病気ではないけれど健康ではない状態)対策としても効果的な
当店オリジナル排毒手技が外側からのアプローチだとするならば

内側からは予防医学に基づいた食事方法を行うことにより
お客様に完璧な健康ライフ(予防医学ライフ)をご提案していける!!
という想いから3年前に勉強をスタートさせたのがキッカケです。


予防医学を学んだおかげで私自身、
万年冷え性からの脱却。
体温が0.5°以上UPしましたし
便秘薬からも卒業。


下剤なしでは生きていけなかった20代の腸内環境に終止符を打つことができました☆

 

そう思うと予防医学は本当に素晴らしい知識であり
私の2大悩みであった冷え・便秘を解決できたので感動レベルなのですが

1年ほど前からどうしても気になることがあったんです・・・


それが、予防医学内では良しとされている「動物性タンパク質」について。

自分自身、食物繊維の大切さを痛感していたので食物繊維のサプリを摂取し
せっかく便秘解消された腸内環境を維持すべく頑張っていました。

そうして人一倍、繊維&菌をとっているにも関わらず

・お酒を飲んだ翌日はもちろん牛乳を飲みすぎた翌日にも乱れてしまっていたこと。

・どんなに質が良くアミノ酸を全種類摂取できる高級ホエイプロテインだとしても摂取後は便秘になってしまうこと。

 

・ヨーグルトを食べている時よりもサプリでビフィズス菌を摂取している時の方が調子が良いこと。

 

・外食でお肉の日が続くとどんなに食物繊維を摂取しても便秘になること。(ガスの匂いも悪くなる)

 

・炭水化物を少なく動物性タンパク質を多めに摂取していても特に体脂肪は減らず筋肉量が上がらないこと。

・動物性タンパク質をとりすぎると異様に喉が乾くこと。

・お肉よりもお米を沢山食べた日の方が俄然便通も腹持ちもいいこと。

これらに気付き始めたのが1年間ほど前。

それでもタンパク質は美と健康に必要不可欠だと学んでいたので
6大栄養素を意識しながら予防医学内でも良いとされている良質なタンパク質(鶏胸肉やヨーグルト・チーズなど)を定期的に摂取したりと食事には気をつけている方でした。

だけどやっぱり動物性タンパク質を摂取した後の方が便秘になりがち( ;´Д`)


なんでやねん💢!
これ以上食物繊維摂らなきゃ間に合わないようなら
私の腸は異常すぎるわ!!

と苛立ち始め、改めて質の良いタンパク質とは何なのか?を改めて調べ始めました。

その結果・・・・

健康を害する全ては
【動物性タンパク質が原因だった】
と知ったのです!!


これには正直、驚きを通り越して本気で精気が抜けました(T ^ T)
だって、この3年間予防医学で学んだことを信じてやってきたんだもの。。。泣
(ようやく精気を取り戻しブログを書くに至ります)


実は体にいいとされている
鶏肉もヨーグルトも、

ダイエットの味方とされている
チーズも豚肉も、

プロテインといえばな
赤みの牛肉も卵ですらも、、

動物性タンパク質全てが私たち人間にとって悪の根源だったんです!!!!


現在、私たちがかかる病気の原因の約90%が食事によるものが原因と言われており
遺伝的な原因によるものは10%以下だとわかっています。

つまり、ガン家系で育った人がいたとしてもその家族と違う食生活をしていたならば90%の確率でガンを防げるということ。

この確率については既に予防医学で勉強済みだったので周知していることだったのですが、まさか病気を引き起こす食事が動物性タンパク質だったという結果には本当に驚きましたし

小さい頃から成長期の味方、骨の味方と言われ育ってきた牛乳に至っては
なんだか政府(社会)から騙され洗脳されてきたとしか思えないほど苛立ちを隠せません!!


急になんだよ!?って驚かれる方も多いと思います。
でも調べれば調べるほど、私たち人間にとって動物性タンパク質は不必要なんです。

むしろ植物性タンパク質こそが重要で植物性に優るタンパク質は存在しません。

あんなに栄養価が無いと馬鹿にされているレタスですら、


加えて言うならば、なんとアジア人の95%は乳製品を消化できない体質なんです(つД`)ノ

 

そら腸内環境が悪くなるし、人によってはアレルギーだったり肌荒れだったりホルモンバランスが乱れたりと悪影響が出るわけです。。。

 

でも給食では牛乳が出てくるし、便秘にはヨーグルトだと医者が言います。

 

もうこれには病人がいなくなっては医者が必要なくなるし
牛乳がなくなれば酪農業が終わってしまうという大人的観点からみた政策でしかないのだとようやく気付きました。。。

バレンタインにチョコを送る。という習慣を作ったのと同じ感じですね。
全然罪の重さ違うけど😤!

 

ということで久々にHPブログに登場したと思ったら一体なんですか!?ってくらい
怒り新党してしまっている私なのですが
ご安心ください!!

ちゃんと解決策を見つけました♡

だからこそ、今後は動画やブログを通じて益々
「真の予防医学」についてお伝えしていけると自負しております。

 

新しい世界がスタートすると思うとワクワクでしかない私なのですが
現在必死に作成中です♪

詳しくは9月からのYouTube内で更新していく予定なので


・もっと健康に美しくなりたい方、
・肥満や便秘体質を改善したい方、
・病気にかかりたくない方、
・今ある不調を治したい方は

どうぞチャンネル登録・通知設定をしてお待ちくださいね♪
  
  ⬇︎⬇︎⬇︎

STAR CLASS チャンネル


伊勢で神様と約束してきた通り、、、
現在の私が知り得る全ての情報を全力で皆様に発信していこうと思います!!

 

1人でも多くの方に動物性タンパク質の真実に気付いてもらえるといいな。。。
引き続きどうぞお付き合いくださいませ♪

 

有害ミネラルをやっつける!【対抗ミネラル】

2018年12月26日

以前、六大栄養素の1つでもある【必須ミネラル】についてお話しさせて頂きましたが
今日は同じミネラルでも体に有害なミネラルについて昨日の続編です!!

知っていなくても問題はないけれど、
知っているとより正確なダイエットができるはず!!

それが一番の近道だと思うので今夜もどうぞお付き合いくださいませ♡



私たちの体に様々な悪影響を及ぼす有害ミネラルを撃退するには必須ミネラルが必要不可欠です!!


ということで今夜は有害ミネラル撃退に特に必要な必須ミネラルについて更に詳しくお伝えしていきます^^

そもそも必須ミネラルとは、以前6大栄養素の記事でもお伝えした通り
カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあり、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要がある。とお伝えしました!!
必須ミネラルについて詳しくはコチラ→六大栄養素を正しく知ろう【必須ミネラル】

そしてその中でも健康のために必要なミネラルを必須ミネラルと言い16種類があげられます。
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素、硫黄の7種類を『主要ミネラル』
鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレニウム、モリブデン、クロム、フッ素を『微量ミネラル』と言います。

実はこの16種類の中でも有害ミネラルに対抗する特定の必須ミネラルがあり、
お互い干渉しあって、一方が多くなると他方は少なくなるという関係が成り立っているのです。

以下が各有害ミネラルに対抗してくれる必須ミネラル達です\(^o^)/

 

有害ミネラル               対抗ミネラル                 
カルシウム・亜鉛・鉄
水銀 セレニウム・亜鉛
カドミウム 亜鉛
ヒ素 セレニウム
アルミニウム マグネシウム・鉄
ベリリウム セレニウム




昔から魚介類を多く摂取してきた日本人は、有害ミネラルである水銀とは切っても切れない関係(^_^;)

なぜなら水銀摂取の80%以上が魚介由来になっているといわれており、
例えばマグロやなどの大型の魚介類、キンメダイなどの近海魚に特に多く含まれています。
また、水銀はマグロ類(マグロ、カジキ)、サメ類、深海魚類、鯨類(鯨、イルカ)などに特に多いといわれておりサンマ、イワシ、サバなどは水銀濃度が低い水産物だと言われています。
(同じ魚でも大型魚ほど体内の水銀濃度が高くなります)


とはいえ魚介類には私たちに必要不可欠な良質なたんぱく質だったりDPAやEPAといった高度不和脂肪酸を多く含んでいるという非常にすぐれた栄養を持っていますよね。。。

水銀を恐れて魚の摂取を辞めてしまうのはとってももったいない!と思っているので
そんな時こそこの対抗ミネラルを意識してほしいのです♡

水銀の対抗ミネラルはセレニウム・亜鉛です。
▶︎魚介類や内臓はセレニウムの宝庫といわれ筋肉の多い部位や、シリアルなどの穀物、乳製品などにも含まれます。

▶︎亜鉛は全ての細胞に含まれるので、肉・魚介・種実・穀類など多くの食品に含まれています。特に多いものとしては牡蠣、あわび、たらばがに、するめ、豚レバー、牛肉、卵、チーズ、高野豆腐、納豆、えんどう豆、切干大根、アーモンド、落花生などです。

また、どちらのミネラルも肉類や魚介類を食べないベジタリアン、ビーガンなどは不足しやすく偏ったダイエットをしている方やお酒をよく飲む方も注意が必要です!!



有害ミネラルはもちろん水銀だけではありません!

例えばアルミニウムはホットケーキミックスや膨らし粉にも含まれていますし、アルミニウム鍋の使用や、アルミ缶の飲料水を飲んだり歯磨き粉や乾燥剤によっても体内に摂取されてしまいます( ̄▽ ̄;)

そんなアルミニウムの対抗ミネラルは??

そうです!マグネシウムや鉄ですね♪

マグネシウムは大豆やアーモンドなど加工していない食品に広く含まれていますし、鉄は皆さんご存知レバーが断トツですね!
(レバーは毎回の食事摂取が難しいので以前にもお伝えした鉄サプリがオススメですけどね)



もちろん体内に入れないように不必要な有害ミネラル摂取は極力避けて頂きたいのですが、それと同時に気にかけていただきたいのがこの対抗ミネラルをきっちりと摂取するということ!!


様々な不調を引き起こす有害ミネラル...
ますます私たち現代人にとっていかに必須ミネラルが大事なのか。を知っていただけたと思います!

不要な有害ミネラルを避けることも大事ですがそれ以上にまずは是非ご自身の体が排出機能を高められるような生活(必須ミネラルで満たす)を心がけてみてくださいね♬




ということで今日はここまで!!

最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

 

百害あって一利なし!【有害ミネラル】

2018年12月25日

以前、六大栄養素の1つでもある【ミネラル】についてお話しさせて頂きましたが
今日は同じミネラルでも体に有害なミネラルについてお話しします!!

知っていなくても問題はないけれど、
知っているとより正確なダイエットができるはず!!

それが一番の近道だと思うので今夜もどうぞお付き合いくださいませ♡


有害ミネラルが体内に取り込まれ体の中に蓄積されると、
私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。

そもそも有害ミネラルとは、ヒ素や水銀、鉛やカドミウム、アルミニウムなどの、いわゆる有害金属(ミネラル)のことです。

土や海水に含まれていて、そこで育つ魚や肉、野菜などの食品だったり
アルミニウム鍋の使用や、アルミ缶の飲料水を飲むことによっても体内に摂取されてしまいます。
こうして少しずつ私たちの体の中に入り、やがてさまざまな不調を招くことになります。
つまり有害ミネラルは、日常生活の中で普通に取り込まれてしまいます!


本来、私たちの体には「解毒」機能が備わっているので、体内に入っても便や尿・毛髪や爪などによって排出されますが、それらに働くはずの必須ミネラル(良いミネラル)の摂取が少なくなってしまうとうまく排出できず体内に蓄積されます。

有害ミネラルは体内で活性酸素を増やしたり、臓器に貯まり障害を起こすもとにもなります。
まさに、「百害あって一利なし」のミネラルです(°_°)

 


有害ミネラルが溜まっていると。。。?

《痩せにくい》
毒素が溜まると脂肪分解酵素へパーぜの働きが低下し、脂肪を燃焼させる効率が悪くなって痩せにくい体になります。

《疲れやすい》
疲労物質である乳酸を分解する酵素の働きが低下し、疲れがなかなか取れない体になり乳酸値が高いままになります。

《吸収が悪い》
栄養素を分解する酵素の働きが低下し、どんなに高品質なサプリメントや基礎化粧品を使っても体に吸収されず、効果が実感できなかったり肌荒れなどの原因になります。


思い当たる節がある方は要注意!!
それこそが今あなたの体内に蓄積されている有害物質の量かも!(◎_◎;)



つまり体内に有害物質が蓄積したままでは、どんなに体に有効なものを摂ってもダイエットをしてもプラス・マイナスゼロ。。というよりもむしろマイナスに働いてしまうことに!!!

とにもかくにもまずはしっかり体内の有害ミネラルを排出(解毒)することが最優先!!
そこではじめて有益な物質が十分に吸収され、効果を発揮することができるのです☆



はじめにもお伝えした通り、有害ミネラルを体から排出するには、必須ミネラルの摂取が必要不可欠です!!

必須ミネラルについては過去ブログからどうぞ→六大栄養素を正しく知ろう【必須ミネラル】


ということで今日はここまで!!

腸内環境の時も悪玉菌と善玉菌の関係について沢山お話ししてきましたが、ミネラルにも有害なものと有益なものがあったんですね!

そしてこれも腸内環境と同じように有害ミネラルを撃退するには必須ミネラルでしかないという( ̄▽ ̄;)
そう思うと体って単純なんですけどね。。

明日からは有害ミネラル撃退に特に必要な必須ミネラルについてお伝えしていきます^^




最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アメブロ

Top