腸内環境とは?

2018年12月20日

健康を語る上で、腸内環境は外せません!

先日から数回にわたって
健康を制するといっても過言ではない腸内環境についてお伝えしていますd(^_^o)

詳しくは過去ブログも合わせてお読みください♬


昨日もお伝えした通り、

腸内環境=腸にすむ腸内細菌のバランス

でしたね!!


そして
腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられます。

つまりそれら3種のバランス状態のことを「腸内環境」と呼んでいる。というわけなんです\(^o^)/

ちなみに、最近よく聞く「腸内フローラ」ですが、これはまさに腸内における細菌たちの様子のこと。
つまり、腸内環境と同じような意味合いなのですが顕微鏡で腸を覗くと様々な腸内細菌が群生するように繁殖しお花畑や草むらのようにみえることから腸内フローラ(flore:草花の群れ〈英〉)と呼ばれるようになったそう。


腸内環境も腸内フローラも同じ意味だとわかったところで本題です!

『腸内環境(腸内フローラ)』の理想的な状態とされるのは、



<善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割>

このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です!!


【体に良い働きをする善玉菌】
代表的なのは〈乳酸菌〉と呼ばれるフェーカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌など。
悪玉菌の侵入や定着・増殖を防いだり腸の運動を促したりすることによってお腹の調子を整えます。
また、善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助ける作用もあります。



【体に悪い働きをする悪玉菌】
ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などが腸内で有害物質を作り出します。
悪玉菌が産生した有害物質は通常肝臓で無毒化されますが、悪玉菌が増えると有害物質も増えるため、腸だけでなく肝臓の負担も多くなります。



【ミーハーな日和見菌】
どちらにも属すことはなく、その時々で善玉菌・悪玉菌の優勢な方に同調(味方)して作用します。



つまり、通常約7割もいる日和見菌を味方につけられるかどうかが腸内環境を綺麗に保つ鍵となるのです!!



そんな日和見菌を味方につけるには??

彼らはミーハーそのもの!!流行りごとにはすぐ乗っちゃうというお調子者でもあります笑
つまり、あなたの腸内で善玉菌ブームを巻き起こしてしまえば日和見菌たちはすぐに味方になってくれる=悪玉菌が減るということ(゚∀゚)


ということで今日はここまで!!

「善玉菌ブームを起こすには??」
ブームの火付け役についてはまた明日お伝えさせて頂きますね♬




最後までお読みくださりありがとうごさいました(^^)/
明日もどうぞお付き合いくださいませ♡


 

スタークラスでは内容量から成分量、価格に至るまで厳選に厳選を重ねた上で合格が出た安心安全かつ自慢のサプリメントのみを取り扱っております(^^)/

 

私にとって栄養素の適切量はどれくらい必要??
ビタミンB群はどれくらいとれば効果的??
体質悩みやファスティングについてもっと個別で詳しく知りたいわ♪
という方や私もやってみたい!変わりたい!!
と興味を持たれた方は、、、

スタークラスまで
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♡

 

金沢駅より徒歩7分
完全予約制のプライベートサロン
極上のリラクゼーションを貴女に...

スタークラス
☎ 080-1386-3739
✉ info@starclass-salon.com
LINE ID star-class

 

 

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アメブロ

Top